包茎と早漏は関係あるの?
包茎と早漏の関係性について調べている男性

包茎男性の中に早漏で困っている方は比較的多いと聞きます。では、包茎と早漏に直接的な関係はあるのでしょうか。

30歳で早漏に悩んでいる方のための対処法

30歳になるとEDが気になり始める男性もいます。
昔はEDになるのは40代~50代以降と言われていましたが、現在は低年齢化しているのです。
ストレス社会の影響が大きく、心因性のEDに悩まされる男性が増えています。

30歳はまだ年齢的には若く、ペニスの勃起力には問題ない方がほとんどですが、過度のストレスの自覚症状がある方は注意するべきです。
ストレスは血行不良を招きますし、自律神経の働きも悪くします。
交感神経が優位になってイライラした状態が続くと、性欲を感じてもペニスが思うように立たなくなります。
EDを放置しておくと、射精コントロールをうまく行えなくなることで早漏を招くこともあります。
早漏に悩む男性30歳で早漏に悩んでいる場合の対処法は、亀頭の過敏症、または勃起不全の解消です。
ある程度SEXの経験を重ねていれば、亀頭は強化されてすぐ射精することはないはずです。
しかし、SEX経験が極端に少ない男性なら、30歳でも過敏症であるケースはあります。
この場合の対処法としては、自慰を意識的に増やす、亀頭を強化させるために常に露出させる、早漏防止用の塗り薬やクリームを使用する、などがあります。

SEX経験が豊富にあり、EDになることで発症した早漏に関しては、EDを解消していくのが一番の対処法となります。
性行為4回のうち3回以上失敗するようになったらEDとされますが、2回に1回の失敗でも性行為には支障が出ます。
失敗率が高いと感じたらEDが進行していると考えて、すぐに対策をするべきです。
EDの状態で挿入すると、思わぬタイミングで射精してしまうことがあります。
頭ではまだ大丈夫だと思っていても、ペニスは勝手に射精しているのです。
射精コントロールができなくて暴発する早漏については、ED治療薬を服用すれば大抵は改善します。